Impressions MENU

ODES OF ECSTASY / Embossed Dream in Four Acts (1998)

投稿日: 1998/09/20

神話の国ギリシャから登場したゴシック風味の様式美ドラマティック・デス。
正式メンバーである2名の女声ソプラノを大胆に楽曲の中心に据え、男声デスヴォイスとツインギター&ピアノ、そしてシンフォニックなシンセが「美」を盛り立てる、ある種理想的なサウンドだ。
耽美系の上モノが、琴線を捜し求めるが如き非常に魅力的な旋律を奏でてはいるが、楽曲の骨格は極めてオーセンティックなドラマティック・メタルなので、耽美なスリーブ・デザインや組曲風の収録曲などから連想されるサウンドイメージよりは断然HM チックな音像。
このバンド、ODES OF ECSTASY が目指す音楽的方向性が私の嗜好にカナリマッチしているだけに、バタバタと安定感の欠如したドラム、そしてラジカセで録ってももちっとマシな音で録れそうな薄っぺらぁ~いギターのリフをはじめとするサウンドメイキングの不味さが、この作品の質を下げてしまっているのが非常に残念。うー。

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 79
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する