Impressions MENU

BYRD / Flying Beyond the 9 (2001)

投稿日: 2001/07/20

FIFTH ANGEL, JAMES BYRD'S ATLANTIS RISING 等でその劇的な Solo Part の構築 Sence の定評を築いた James Byrd は、Yngwie Malmsteen 系 Guitar Player の中では最も Uli Jon Roth の色が濃い部類に入る男。つまり「大好き」。(笑)
久々の New Material となる本作は、BYRD という名義で、これまたなんとも嬉しい久々の Neo=Classical 路線だ。といっても Edge の鋭い HEAVY METAL ではなく、彼が近作で見せていた 70's Hard Rock の Feeling に溢れた温かみのある音作りだ。
U.S. Indies らしさ満点の Clear ながら詰めの甘い Sound Production、そして可も不可もないそこそこ上手い歌を聴かせる Singer Michael James Flatters の存在感のなさが明らかにマイナス要素でありつつも、そこはやはり James Byrd。その独特の Touch が発散する泣きの強烈な Passion があれば、ある程度は満足しちゃうんだな。すいません。(汗)
あ、あと Keyboard Bass, Drum そして Engneer までもを多才に手掛ける Brian Hutchinson の Piano Play が作品に格調を与えているのも、忘れちゃいけない好ポイントね。

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 82
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する