Impressions MENU

BEHIND THE SCENERY / Nocturnal Beauty of a Dying Land (1998)

投稿日: 1998/07/20

ドイツの新鋭デスメタルバンド BEHIND THE SCENERY のデビュー盤 "Nocturnal Beauty of a Dying Land" は、疾走するリズムに乗ってツインギターのドラマティックなフレージングが哀愁を振り撒く、DARK TRANQUILITY 型メロディック・デスの優等生的な音といえるだろう。
収録された楽曲はどれも従来の伝統的なHMの方法論に則って、緩急巧みに造られていて、デス耳でない人にも比較的すんなりと受け入れられそうな聴きやすさを備えている。
特にツインギターのプレイに関しては、完全に普通のメタルバンドの感覚だ。
本作でまず一番に耳を捕らえるのは、間違いなく後の展開を嫌でも期待させるイントロのアコギ。そのイントロ、そしてアウトロなどで聴けるアコースティックギターパートでの絶妙な「タメた」ピッキングが醸し出す哀感センスは、故 Randy Rhoads (ex.OZZY OSBOURNE)に迫らんとしているのには驚くばかりだが、そのセンスの曲中へのフィードバックがちょっと稀薄な点がイマイチ歯痒いんだよなぁ。

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 77
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する