Impressions MENU

FAIR WARNING / Go! (1997)

※ '97年以前、当時聴いた際に記録していた感想メモ

これ以上ないほどの哀愁を帯びたHRナンバーがこれでもかと展開される絢爛絵巻は、聴くものからその涙を一滴残らず絞り取るだろう。
本作では相棒 が病に倒れるというアクシデントで Helge 操る Sky Guitar の出番が増えたことはまさに棚ボタ(Sorry > Andyファン)。特に "I'll be there" で爽やかなコーラスから一転して切り込んでくる構築美に満ちたギターソロはこの作品のハイライトだ。

  • いいね! (1)
  • よくないね! (0)
満足度 : 96
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する