Impressions MENU

DREAMTIDE / Here Comes the Flood (2001)

投稿日: 2001/11/20

残念ながら現在解散状態にある FAIR WARNING のガチャピン・スカイ・ギタリスト Helge "Gatcha-Ping" Engelke のニュー・バンド DREAMTIDE のデビュー作。
問答無用の FAIR WARNING ハイ=ライト・チューンの趣を備えたオープニングの "What You Believe in" のサビでついつい「Cooome Doooooownnn!♪」と叫んでしまった瞬間に、このバンドがシンガーを交代&改名した FAIR WARNING だということをしっかりと認識した。まぁ初期のドラマー C.C. Behrens にツアーで弾いてた鍵盤奏者 Torsten Luderwaldut、そして Gatcha-Ping(汗)と元 FAIR WARNING が3人も居るんだからそりゃしょ~がないよなぁ。
が、その楽曲は冒頭の必殺チューン "What You Believe in" をはじめ "Come With Me", "Promised Land" といったモロ FAIR WARNING な曲ばかりではなく、ドリーム・キャッチャーを配したそのアート・ワークとリンクするネイティヴ・アメリカンにまつわる雰囲気や ZENO 的なオリエンタリズム、そしてあげくの果てには VENTURES 風サーフ・サウンドのテイストまでもを絡ませてみたりと、Helge Engelke 個人が興味あるものをまとめあげてみたという色合いで、なかなかヴァラエティに富んだ良い出来のものが揃っている。
その魅惑の楽曲群を歌うのが注目のニューシンガー Olaf Senkbeil だが、甘い声質をよく伸ばすハイ・トーンとともに中音域でも情感をしっかりと歌いこなす実力派でなかなか健闘しているし彼ならではの魅力も充分に感じるんだけど、たまぁ~に顔を出す鼻にかかったクセのある唱法が惜しいところで微妙なダサさを演出してしまっているのが、気になりだすとカナリ気になるんだな。。。やっぱ楽曲が楽曲だけにどうしても「あぁ、この曲を Tommy Heart が歌っていたら・・・」と思ってしまうしね。過剰にヴォーカル・ハーモニーを重ねるそのアレンジもちょいと鬱陶しさを感じるし。。。
とはいっても、もはや Helge Engelke のトレードマークでもある鳴き声を上げながら飛翔するスカイ・ギターが噴出する開放感と哀感の心地よさはやはり悶絶級だし、専任キーボーディストの存在による FAIR WARNING 以上のキラキラ感も美味しい美味しい。久々に聴いた C.C. Behrens の My ツボなタイミングでハードにヒット&ドライヴするドラミングも◎だしね。

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 85
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する