Impressions MENU

UNEARTH / III: In the Eyes of Fire (2006)

投稿日: 2006/09/20

米国マサチューセッツ州のへヴィ・メタル・バンド UNEARTH の3rdアルバム。

イエテボリ・デスとベイエリア・スラッシュを折衷したスタイルのエクストリーム・メタルは、Terry Date のプロデュースによってRAWでソリッドな質感がUP。結果、特徴的だったクラシカル・ギター・ワークが、未だメロディックではありつつも「叙情味」を減らしているのがやや惜しい感じ。

オレにとっては前作の衝撃が大き過ぎたせいもあるんだろが、本作から聴こえてくる音って、なんちゅーか「想定の範囲内」なんだよね。決して出来が悪いわけではないので、ロック・バーで大音量で流れてると「うわ!カッケー!誰だコレッ!?」ってなるんだけど。(笑)

あ、完全に IN FLAMES なツイン・ギターが美味しい #8 "So It Goes" だけは、何度聴いてもグッと来るスわ。LOUDPARK で演ってくれたら嬉しいのぅ。

 (Sep, 12, 2006)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 76
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する