Impressions

SORCERER / Lamenting of the Innocent (2020)

投稿日: 2021/10/22

スウェーデンのエピック・ドゥーム・メタル・バンドSORCERERの4thアルバム。
激ツボだった前作同様、本作も凄いや。“エピック・ドゥーム”と謳いながらも、メロディックな熱唱ヴォーカルと超絶技巧なギターをフィーチュアした現代的なエッジの様式ヘヴィ・メタルを遅め&重めにプレイしているといった様相が、自分の嗜好にまさにドンピシャなのはCANDLEMASS同様。
俺的聴きどころはやっぱギタリストKristian Niemann (DEMONOID, ex-THERION)の超絶ネオ=クラシカル・リックの連続なんだけど(相方のPeter Hallgrenも相当な使い手でそれも嬉しい)、本当に良いシンガーに成熟したと思えるAnders Engberg (vo/ex-LION'S SHARE)のガッツィーな歌声にも悶える。
ゲスト参加のチェロ奏者は、Yngwie Malmsteenの"Eclipse"(1991)と"Fire&Ice"(1992)でベーシストだったSvante Henryson。懐かしいなぁ!

  • いいね! (10)
  • よくないね! (0)
満足度 : 92
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する