Impressions MENU

MORS PRINCIPIUM EST / Liberation = Termination (2007)

投稿日: 2007/02/20

フィンランド産メロディック・デス・メタル・バンド MORS PRINCIPIUM EST の3rdアルバム。

メカニカルに高速回転するスマートなブルータリティの中で Jori Haukio & Jarkko Kokko のスーパー・ギター・チームが豊潤なハイテク・メロディを煽情力たっぷりに乱舞させるスタイルはこれまでと大きくは変わらずながら、ヴォーカルとリフ/リズムのパワー感を増加させてその鋭利な切れ味を大胆に研ぎ澄ましたサウンドは、新世代らしいモダニズムを強化させてきた感もアリ。

「ギター・ソロ≧曲」(苦笑)なオレ的には、この特A級の悶絶ギター・パートの存在だけでEverything OKではあるんだけど・・・正直、前2作に比べると曲自体はイマイチ弱めかなぁ。キラキラ度もチョイ控めだし。。

・・・といっても、#4 "Finality", #5 "Cleansing Rain" あたりの劇的な慟哭展開には十分に悶涙がチョチョ切れちゃうし、他の曲もこうして繰り返して聴くうちにツヴォに入りつつはある感じ。(ポジティヴ) ま、今後にも引き続き期待ってことで。

 (Feb, 21, 2007)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 84
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する