Impressions MENU

HIM / Love Metal (2003)

投稿日: 2003/07/20

フィンランドのハードでスリージーな哀愁系ノリノリ・ロケンロー・バンド HIM の 4th アルバム。リリース以来ずっと買おうと思いつつ、ネオ=クラシカル系ぢゃないってことで(笑)ついつい後回しにしちゃってたんだけど、
___________________________________
500 :名無しさんのみボーナストラック収録 :03/07/15 19:57 ID:8k2bWAeb
     とっととHIM買えよ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・・・と、わざわざご丁寧なご指摘を頂戴したんで(笑)、それに背中を押されるようにサクッと購入。

自らの音楽性にこれまでも冠していた「Love Metal」という形容をアルバム・タイトルに据えた本作は、前作 "Deep Shadows and Brilliant Highlights" と比較してダイナミクスを大幅に増加させた力作。ってか、その "Love Metal" ってタイトルがイイやね。やっぱ愛だろ、愛。(説得力無し/汗)

全11曲を Side-A 5曲、Side-B 5曲、Side-C 1曲 と分けてクレジットした意図こそ音からはイマイチ伝わってこないが、意外にも多彩なロック・アレンジが施された楽曲群が含有するメランコリック息吹きは、“泣き派”としてはホント美味しいデスわ。

特に、#2 "The Funeral of Hearts", #4 "Sweet Pandemonium" を始めとする偶数曲番のメロウな楽曲が、よりメロウさ UP でしっぽりと濡れちゃってるのがメッチャ嬉しいな。

カリスマ性を感じるシンガー Ville Valo のセクシー歌唱が、この手のバンドとしては相当にナチュラル感が高いのも高ポイント。

エンハンスド・トラックとして、リーダートラック #1 "Buried Alive by Love" の PV 入り。これがまたカッケーです。
 (Jul. 22, 2003)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 87
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する