Impressions MENU

SKYCLAD / No Daylights Nor Heeltaps (2002)

投稿日: 2002/06/20

英国が誇るケルティック風味満点のフォーク・メタル・バンド SKYCLAD の新作は、自身の過去の名曲を現在のメンバー&現在のアティテュードでセルフ・カヴァーした企画盤。
時代がやっと彼の濁声に追いついたと思ったら脱退しちゃった看板シンガー Martin Walkyier の替わりに Kevin Ridley をシンガーに据え、その自然で素朴な歌声と Georgina Biddle 姐さんのヴァイオリンを大フィーチュアして、フォーキーな風合いたっぷりに生まれ変わった楽曲の数々は実に魅力的!
Martin Walkyier が付加していた「アク」が希薄になった分、物足りなさを感じる人も居るかもしれないけど、少なくともオレには楽曲に元々備わっていたフォークロアな趣が倍化されたことによる感動が、素直に伝わってきたッス。
ちなみに、オフィシャル Web サイトとか郵便とかである手続きをすると、ボーナス・ディスクが入手できるらしいよ。オレはまだまだこれからッス。ケースはそれを見越して最初から2枚組用なのよね。

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 87
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する