Impressions MENU

GARY HUGHES / Once and Future King - Part II (2003)

投稿日: 2003/10/20

TENGary Hughes によるロック・オペラ・アルバムの、7月にリリースされた Part I に続く後編。

前編同様の、Gary Hughes にしてはドラマティックなヘヴィ度が高めのメロディックなハード・ロックを中心とした楽曲スタイルは不変で、バックの演奏者も同じ。

この後編の聴き所はというと、前編で登場しなかった新たな4人のシンガー D.C. Cooper, Doogie White, Sabine Edelesbacher, Harry Hess の歌唱だよなぁ、やっぱ。

その中でも Sabine タンが持ち前の癒し系ソプラノで優しく歌う #6 "The Pagan Dream"、そして Harry Hess が大円団に相応しいマジ素晴らしい歌唱でじっくりと歌い上げる #12 "Once And Future King" は絶品ッス。

時折そのハードさに無理を感じたり、宅録っぽいダイナミクスに欠けたギター・サウンドに辟易したりすれ、Part I と共に長く楽しめる良くできたヴァラエティ・アルバムだと思いマス。
 (Oct. 05, 2003)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 82
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する