Impressions MENU

ZONATA / Reality (2001)

投稿日: 2001/03/20

デビュー・フルレンス・アルバム "Tunes of Steel" の「モッコリビームオヤジ」の悪夢をかけらも感じさせない Derek Riggs の手による美麗ジャケが見かけ倒しではない、デモ "Copenhagen Tapes" の頃の路線に立ち戻った感のある(超嬉)素晴らしい出来。
ジャーマン的明快さを持つクサクサ疾走チューンズは、豊潤さを備えたネオ=クラシカル・ギターと、ZONATA ならではの独自性を感じさせるエレピに少々ストリングスを混ぜたパーカッシヴなキーボードの音色が奏でるクラシカルなアレンジ、そして秀逸な歌メロ・センスがベリー・ナイス。ヘナチョコ・チキン・ハイ=トーン・ヴォイスも、残念ながら(爆笑)充分に一般の耳に耐えうるレベルまで上手くなっちゃったしぃ。(汗)
"Symphony of the Night" ~ "Forever" の疾走クラシカル連発、そして "Copenhagen Tapes" 収録の名曲 "Gate Of Fear" の2001年ヴァージョンは悶絶!

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 86
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する