Impressions MENU

ZONATA / Buried Alive (2002)

投稿日: 2002/10/20

スウェディッシュ XaMetal バンド ZONATA 待望の 3rd アルバム。
期待のジャケ(苦笑)こそ悪くはないけど特に面白みもないものだったが、プレイ・ボタンをプチっと押して驚いたのが冒頭のタイトルトラック #1 "Buried Alive" での IMPELLITTERI かさては NOCTURNAL RITES かという剛健なヘヴィ・メタル・リフの応酬。
全体を眺めてみればコレまで同様に北欧ならではのネオ=クラシカル風味を塗したユーロ・スピード・メタルという不変のスタイルながら、前記のソリッドな風合いが本作にタフな一本の筋を通しているのがなんとも心強い。
そんな北欧様式美 な Nu XaMetal(←新しいでしょ?/苦笑) は、ZONATA ならではの独特のアイデア/センスを見せつけるアレンジ&オーケストレーションによって明快なのか捻くれてるのかよくわかんない風変わりさでナイーヴに疾走する逸品揃い。中でもメロメロなオーケストレーションで疾走をかます #2 "Visions of Sorrow" にはウルトラな悶絶を禁じ得ないっすわ。IRON MAIDEN の大作曲を思わせつつ中間部ではオールディーズなメロウさまで無理して聴かせちゃう意欲作 #7 "A Oak Chapter" も彼らの引出しの奥深さが垣間見れて面白いし。
で、やっぱ触れとかないといけないのが、実はなかなかの功者なのに声質が Kai Hansen なために(汗)「ヘナチョコ・チキン・ハイ=トーン・ヴォイス」という印象のある不運のシンガー(貰泣)Johannes Nyberg だね。これが・・・本作では前作以上に上手くなっちゃってて、マジで Tobias SammetJohn Arch (ex-FATES WARNING) かって雰囲気まで漂わせちゃってる勢いっすわ。確かにそのヘナチョコな声質は健在なんだけど、サビとかでのコーラスを伴う叙情歌唱では、愁いに満ちた質感までもを響かせちゃったりしてるんデスよ。ビックリー。
そしてコレも美味しいってのが、John Nyberg の「本物」の2文字を想起させる緩急と間を持ち合わせたウェットなネオ=クラシカル・ギター。Peter Wichers (SOILWORK) を思わせる端整な激情を封じ込めた泣きプレイ・・・タマンない!

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 87
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する