Impressions MENU

TESTAMENT / The New Order (1988)

投稿日: 1998/03/20

さらに様式の部分を全面に出した2ND。
METALLICA による優れた作品の提示とその反響によってがぜん掻き立てられた私のスラッシュに対する興味は、シーンの拡大と共に燃え上がり、"四天王"と称される事になる METALLICA, ANTHRAX, MEGADETH, SLAYER はいうに及ばず、その次の世代のバンドをも細かくチェックしていった。
そんな第2世代のバンド群の中で私の心を捉えたのは3つ。狂気の破壊力を脅威のテクで示した EXODUS、メロウサイドの歌唱もOKな超弩級シンガー David Wayne を擁する METAL CHURCH、そしてこの TESTAMENT なのである。
当初 LEGACY と名乗ってニュースリリースされていた頃から、その名作スリラー映画を連想させるバンド名が気になってはいた。そして TESTAMENT としてデビューアルバム "The Legacy"と一層の進化を見せた本作 "The New Order" に封じ込められていた様式美と激烈スラッシュの完璧な融合に「こりゃまいった」となったのだ。特に本作は、スラッシュの歴史を振り返っても私の心の中では"BEST 1"と呼べる感動を与えてくれた素晴らしい作品だ。
私にとっての TESTAMENT の一番の魅力は、Alex Skolnick のネオ=クラシカルなギターそのものではなく、それが引き出すバンドの激烈なエネルギーにある。野獣 Chuck Billy の咆哮も欠かせない。もちろん流麗な様式フレーズにも酔いしれるが、それ以上に「猛烈にヘッドバングしたい」バンド・・・それが TESTAMENT だ!
そのために"Practice What You Preach""Souls of Black"(←ジャケは最高に好き!)"The Ritual"の3枚は、メロディックでありながらも激烈さが足りずイマイチアピールしなかったが、死の国の渡り鳥 James Murphyを迎えての "Low" では再び以前の暴虐なる魅力を取り戻しつつあるようだ。特に "Dog Faced Gods" での暴走デスラッシュぶりは嬉しい限り。
現在リードギタリストとして在籍している Glen Alvelais は FORBIDDEN の1st "Forbidden Evil"(ベイエリア・スラッシュの超名盤!)で凄まじいまでの様式ギターを聞かせてくれた超絶ネオ=クラシカル野郎なので、彼を含めたラインナップでの次作には期待せずにはいられない!

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 93
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する