Impressions MENU

GRAYSCALE / When the Ghosts are Gone (2002)

投稿日: 2002/09/20

フィンランド産男声メランコリック・ゴシック・メタルのデビュー作。これも GRAND ALCHEMIST 同様 SOUND RIOT からのリリースだ。
しっかりと勢いあるビートが刻まれる中に哀しみのメロディが配された音像は、暗雲の中に仄かな光を見出せるような言わば SENTENCED meets TO/DIE/FOR ってな雰囲気。
・・・と書くと凄そうだけど(汗)、普通声というにはあまりにも普通すぎる男声がショボ過ぎる。曲も悪くはないんだけど、取り立てて特徴的であったり突出した佳曲があるわけでもない・・・と、これ以上感想書きようがない感じ。(苦笑)
そんな平凡な作風の中で、女性キーボーディスト Jenni Hytonen 嬢(ちょい萌え)の音色/プレイのセンスだけは、かなーりイイ感じデス。

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 70
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する