Impressions MENU

GATES OF ISHTAR / At Dusk and Forever (1998)

投稿日: 1998/04/20

前作 "The Dawn of Flames" で初めて GATES OF ISHTAR に触れたが、画一的な楽曲やフィールのあまり感じられない演奏、そして軽い音に正直余り良い印象はなかった。
そして本作。全編を覆い尽くす叙情的なフレーズの質がグンと向上し、印象的になった結果、一聴してずいぶんと良くなったと感じた。この "At Dusk and Forever" は軍隊アリの様に次から次へと地下から這い出してくる「北欧メロディック=デス」の標準的な水準は軽くクリアしているだろう。
しかし・・・残念ながら相変わらず楽曲パターンが少なすぎる。それぞれのプレイも私にとってあまり魅力のあるものではない。次作に期待!(って前作のときも思った気が・・・)
それに Motley Crue"Red Hot" はなんだか変!

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 69
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する