Impressions MENU

SILENT VOICES / Chapters of Tragedy (2002)

投稿日: 2002/11/20

この SILENT VOICESREQUIEM のメンバーでもある Henrik Klingenber (key / SONATA ARCTICA にも参加することが決定!), Pasi Kauppinen (b) を擁するフィンランドのプログレッシヴ・メタル・バンド。
シンガー Michael Henneken の「若干トレブリーになった James LaBrie」な歌唱が DREAM THEATER 直系プログレ・メタルの印象を強烈に植え付ける。
その DREAM THEATER が名作 “Awake” で聴かせたダーク&ヘヴィな質感に欧州的な哀感を絡ませたテクニカルなサウンドは、各メンバーのプレイもプロダクションのクオリティも悪くなく、とても耳馴染みのよいものだ。
ただ・・・そんな全体を包むムードの好印象とは裏腹に、流れ出る楽曲の全てがこの耳を通り過ぎていってしまう。ホントに全然悪くない・・・むしろ確実にいい出来とさえ言える作品なんだけど、楽曲にひっかかりがあまり感じられなかったのが残念だな・・・。

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 67
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する