Impressions

TRAIL OF TEARS / Disclosure in Red (1999)

投稿日: 1999/01/20

男女シンガー、ツインギター、シンセ、そしてリズム隊という7人編成のゴシック=デス。まずはその編成とこの TRAIL OF TEARS ってイカニモなバンド名、そして美しいジャケで、普通は何も言わずに買うでしょう。(笑)
そして大当たり。(^o^)  美しきフィメール・シンガー Helena Iren Michaelsen (どーでもイイが、ナント子持ち!)の魅力が大爆発の好盤だ。この手の女声モノに欠かせないオペラチックな儚きソプラノはもちろん、Lana Lane を彷彿させる力強く情感豊かな熱唱(6曲め "Illusion" なんぞは彼女のアルバムに収録されていても違和感0(ゼロ)の泣きのスロー・バラッドだ。)まで、その幅広くも見事な歌唱は本当に信じられないほど。
伝統的ヘヴィメタルの攻撃性/叙情性とゴシックの幻想/耽美が見事に融合した落ち着いた曲調の背後でツインギターとシンセが絡み合いながら見せ場を構築してゆく様子は、AMORPHIS の名作 "Tales from the Thousand Lakes" を思い起こさせる感触だ。
所々にフックとして IRON MAIDEN 的ツインギターや疾走パートを配置したり、男声シンガー Ronny Thorsen のなかなか色気のあるディープなデス・ヴォイスをも存分にフィーチュアするなど、メロメロなだけではなく適度に硬派な雰囲気も「聴き応え」に繋がっていて非常に嬉しい。また、言うまでもなく各人の演奏、録音ともにハイ=クオリティ。
ポスト WITHIN TEMPTATION の最右翼か!? (99/01/16)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 88
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する