Impressions MENU

LION'S SHARE / Entrance (2001)

投稿日: 2001/06/20

地道な Promotion でおなじみの(汗)Swedish Prog Metal band LIONS SHARE の 4th。
Self-Titled Debut Album での EUROPE をも思わせる Catchy で解り易い POP Feelings に魅了されたものの、それ以来作を重ねる毎に Dark & Heavy になってゆく姿に失望感を感じつつあったが、本作では驚きの「Melodic Metal への回帰」を見せている!
New Singer Tony Niva の、Joacim Cans (HAMMERFALL) の落ち着いた明快さと Jonny Lindkvist (NOCTURNAL RITES) の深みと表現力を併せ持った、シャープでありながら味わい深いテクニカルな歌唱による Catchy な Melody と、中心人物であるギタリスト Lars Chriss のウェットで官能的なトーン(相変わらず早く弾こうとすると粗くなるが/汗)が嬉しい Progressive さをこれまでになく抑えた正統派 Heavy Metal な楽曲は押し並べて出来良く、Power Tune から Ballad まで様々な表情を見せる楽曲すべてにおいて、彼らが本来持ち合わせていたものの近作では影に隠れてしまっていた「Melody の魅力」が存分に堪能できる。
ちなみに Guest Keyboard Player として Mats Olausson が参加。

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 84
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する