Impressions MENU

THUNDER / Giving the Game Away (1999)

投稿日: 1999/02/20

"River of Pain", "Castles in the Sand" をはじめ、"I'll be Waiting", "'Til the River Runs Dry" 等、日本のHR ファンの嗜好にフィットする哀愁ハードロックナンバー(たぶん THUNDER の本意ではなかろうが)が収録された "Behind Closed Doors" での泣き具合が気に入っていた。そのため次なる "The Thrill of it All" に関しては "Love Worth Dying For" 以外はどうにもピンとこなくて「あー、アレは突然変異だったのね」と半ばあきらめながらも手にしたこの新作 "Giving the Game Away"

くぅ~~っ! 泣ける! とにかく曲がイイ!

1曲丸ごと哀愁に包まれた "Just Another Suicide","All I Ever Wanted" や、グッと来るサビメロを持つ "Giving the Game Away", "'Till It Shines", "It's Another Day" といった楽曲で泣けるのは勿論のこと、その他の曲のどれもが、Danny Bowes の声とLuke Morley のトーンのちょっとした表情の変化だけで涙腺を緩ませてしまう恐るべき威力を持っている。("Play That Funky Music" を除く/苦笑)
ほのぼのとした郷愁を振り撒きながらもロックのダイナミズムにも溢れ、一見シンプルなようでありながらさり気なく緻密極まりないモダン・アレンジを施した「THUNDER のロック」には完全に気負いがなく、自然体でリラックスしたムードは今までで最高。ハードエッジギターサウンドもたまに顔を出すが、この音楽の前に「ハードロック」という言葉は完全に無意味だ。
Danny Bowes の独特の声質の魅力は言うに及ばず、Luke Morley のローリング・ギター、私のヴァイヴとドンピシャのテンポ感が最高に心地良い Harry James のビート、Ben Matthews のレイドバックしたオルガンの暖かみ、そして Chris Childs が新加入ながらにを弾き出す、ツボにはまった存在感たっぷりのベースライン(これがまた曲のキーになってたりするんだな!)が恐ろしいほどに完全無欠に融合している。これこそがよく言う「マジック」そして「ケミストリー」ってヤツやね。 凄いわ。傑作。 (99/02/26)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 91
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する