Impressions MENU

FIREBIRD / No.3 (2003)

Bill Steer (vo,g) が自分以外のメンバーを一新。Leo Smee (b/CATHEDRAL), Ludwig Witt (dr/SPIRITUAL BEGGARS) に代わって Roger Nilsson (b/THE QUILL, SPIRITUAL BEGGARS), George Atlagic (dr/THE QUILL) を迎えた FIREBIRD の約一年半ぶりの 3rd アルバム。

従来通りの枯れた味わいのグルーヴィなヘヴィ・ロックに、前作までよりもさらに取っ付き易いメロディの魅力、そして Bill 自身のエモーショナルなギター・ワークの妙も強調した作風は確実にバンドの成長を実感させるものだが・・・うーん、いかんせん曲がどーにも地味過ぎ・・・。

各人のプレイ自体はそれなりに熱気を帯びた質の高いものなんだけど、それらが交わった結果アウトプットされた音が、なーんか淡々としたドライさに包まれてるように感じちゃうんだよね・・・。

唯一 #9 “Dream Ride” だけは、メロウな存分に泣きが堪能できるんで、結構お気にだったりー。 (Feb. 21, 2003)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 57
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する