Impressions MENU

TURQUOISE / Po Drugiej Stronie (2003)

投稿日: 2003/03/20

セルフ・タイトルのデビュー作 "Turquoise" での、その透明感溢れるファンタジック・ワールドに一発でしてやられてしまったポーランド産シンフォニック・プログレッシヴ・ロック・バンド TURQUOISE 期待の 2nd アルバム。

イントロの #1 "Prolog" で鳴り響くパイプオルガンの荘厳な響きから一気に引き込まれる儚く淡い叙情世界は、アコースティックな音像中心ながら所々でエレクトリックな叙情ギターとプログレッシブなリズムがハード・ポンプなメリハリをつける前作譲りの逸品。メランコリックでありながら希望的なメロディと、牧歌的長閑さと力強い高揚感のバランスは、BLACKMORE'S NIGHT のそれに近いかな?

しかし!・・・残念ながら前作で「守ってあげたい系」エンジェリック・ソプラノ・ヴォイスを聴かせてくれていた純朴な女子大生系女性シンガー Katarzyna Jajko 嬢は脱退してしまっていて(泣)、本作には新に2人の女性シンガーと1人の男性シンガーという計3人のシンガーが参加してるんだけど、女性シンガー2人は彼女の穴を充分に埋める魅力的な歌唱を聴かせてくれてるんだけど、この男性シンガーは・・・正直「邪魔」ッスわ。(汗) せっかく楽曲が悶絶に進行してても、魅力に乏しい(はっきり言って下手クソな)男声が入ってきた瞬間、それまでの気持ちが萎えるっちゅーねん。他の部分が素晴らしいだけに、それだけが必要以上にメッチャ気になるし・・・残念だ。

といいつつも、これはこれで充分に楽しめる一枚なんだけどね。神盤だった前作とは比べちゃいかんわ、実際。ありゃ奇跡だったってことで。
 (Mar. 09, 2003)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 83
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する