Impressions MENU

SONATA ARCTICA / Reckoning Night (2004)

投稿日: 2004/10/20

フィンランドが誇るメロディック・メタルの雄 SONATA ARCTICA の 4th アルバム。

いきなりのオルガン・サウンドが鳴り響く幕開けが意表を付く本作だが、その全体的な作風は、大人びた端整な脱童貞サウンドで一気に垢抜けを見せた前作 "Winterheart's Guild" の延長線上にある洗練されたもの。

完全に安定の域に達したスピーディな欧風メロディック・メタルは、所々でその哀愁アンサンブルが確実に悶絶感を生んではいるんだけど、頭の良さをアピールするかの風変わり一歩手前の一捻りしたアレンジが狙いをやや外し気味だったり、機械的なリズム隊の平坦さがスリルに欠けるものだったり・・・と、どうしてもマイナス点が目に付いちゃう感じ。

楽曲の主役である Tony Kakko (vo) の歌唱も、類稀なタフさを見せ付ける素晴らしいシンガーであることは伝わってくるものの、殆どのパートをコーラス・ハーモニーで覆ったが故の旋律感の希薄さと「終始歌いっぱなし」な抑揚の欠如が、初期のゾクゾクするような刹那なる悲愴感を殺いでしまっているし・・・。

前作レコーディング後に加入し本作がスタジオ・フルアルバムでは初お披露目の場となる Henrik Klingenberg (key) によるオルガン、ピアノを絡めたオーガニックなアレンジは新鮮だし、持ち味であるセンチメンタリズムを撒き散らしながら疾走する #3 "Ain't Your Fairytale", #7 "My Selene" の2曲も決してキライぢゃないんだけど・・・残念ながら今回はなんかのめり込めないわ。

 (Oct. 18, 2004)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 77
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する