Impressions MENU

THE GATHERING / Souvenirs (2003)

投稿日: 2003/04/20

ゴシック=デス・メタルバンドとして生を受けながらも、現在ではエレクトロなトリップ・ポップを生業とするダッチ・バンド THE GATHERING の 7th アルバム。

"How to Messure a Planet?" から一気にその傾倒っぷりを加速させたアヴァンギャルドな内省世界が、本作で呼び戻された彼らが本来持ち合わせていた耽美性と見事に結実。その結果、本作はこのスタイルとして進化を続けてきた現在の THE GATHERING 的には「これが完成形なのでは?」と思わせる凛々しさを感じさせる充実作になってるんじゃない?これ。

近作同様に反復ノイズが跋扈するユーロ・エレ・ポップはとうとうメタル色ほとんどゼロの様相を呈していながら、陰鬱な狂気を孕みつつもそれを大きく包み込む穏やかな和みフィーリングがとにかく絶品で、そこに備わった淡く仄かなメランコリーの妙から得られる満足感は、ココ数作では最高レベルかも。

Anneke van Giersbergen 嬢の、清楚なんだけど悪事も一通りこなしてきたかのようなあざとさ/したたかさが顔を出す艶々ヴォイスって、やっぱ魅力的ッスわ。

深夜の酒の肴、ドライヴのお供、そのどちらにも似合う雰囲気抜群の好盤。
 (Apr. 12, 2003)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 85
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する