Impressions MENU

WITHIN TEMPTATION / The Heart of Everything (2007)

投稿日: 2007/06/20

オランダ産フィメール・フロンテッド・ゴシック・メタル・バンド WITHIN TEMPTATION の4thアルバムは、上質な壮麗オーケストレーションにメタリックなヘヴィネスを融解させる基本路線をキープしつつ、前作で垣間見せた「現時点におけるモダンなポピュラリティ」を更に増強する手法を採った、順当な進化を見せる一枚。

王道耽美派ゴシック・メタルの頂点に君臨するそのプライドを一切捨てることなく「その道」でも成功を試みる姿勢が生んだ各曲は、決して単なる“EVANESCENCE 化”に留まらない深みを発散してはいるけど・・・うーん、今回はややパターンに嵌り気味のポップな軽薄さが気になる場面が少なくないのがチョイとナニだなぁ。

ま、そうしてやや醒め気味に聴き進めるうちに、しっかりと存在する幽玄な荘厳さの中で静謐に漏れる Sharon den Adel 嬢 (vo) の可憐な嗚咽にはやっぱり心奪われてしまうし、Keith Caputo (♂vo/LIFE OF AGONY) とのデュエットをフィーチュアしたリーダー・トラック #2 "What Have You Done" やまさにシンフォニック!ゴシック!メタル!な #6 "Hand of Sorrow" らの粒揃いな楽曲群にも、なんだかんだ言って心酔ちゃうんだけど。。

ま、なんにしろ、来月に迫った単独来日公演が楽しみだ。

 (May, 30, 2007)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 82
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する