Impressions MENU

AKASHIC / Timeless Realm (2001)

投稿日: 2001/12/20

ブラジルの SYMPHONY X。以上。・・・ってくらい SYMPHONY X してるわ、コレ。(驚苦笑)
乗り気を削がぬ程度の絶妙な変則リズムを多量の手数で繰り出すドラムに、低音弦で規則的にソリッドなリフを刻み小節の終わりでテクニカルなオブリガードを絡ませて次の展開を呼び込みながらポリリズムで進行するギターと、それに難なくシンクロする超テクなベースが構築する土台に、Russel Allen 風味満点の適度にキャッチーな歌メロが乗るってスタイルは、どっからどう聴いてもそのまんま。
本家に決して引けを取らない各人のテク/センスが炸裂するプレイの発散するスリリングな香りと、本家よりはいくらかストレートでありながらやはり辺境出身だけはあるひねくれたプログレッシヴな楽曲が発散する哀愁はなかなかのレベルに達していて、単なる「代用品」以上のカタルシスを充分に得られる掘り出し物だね。
キーボードの感触が "Awake" の頃の DREAM THEATER 的なのも結構ツボだし。

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 83
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する