Impressions MENU

DIARY / To the End and Beyond (1999)

投稿日: 1999/03/20

ドイツ産メロディックハードという共通項のせいか、輸入盤店では FAIR WARNING を引き合いに出されていたこの DIARY、(その他には STRYPER, FIREHOUSE らの名も)確かにその気持ちはよく分かる。聴き様によってはシンガーは大昔の Tomy Heart って雰囲気がチョットだけあるし、曲はツインギター、コーラスのそれぞれのハーモニーを生かした、中々に良く出来た哀愁 HR の王道を邁進する FAIR WARNING 的なフレンドリーなスタイルだ。
それにしても楽曲が良く出来ている。収録曲は各曲ともそれぞれ独自の方向性を持っていてしかも魅力的なフックによって装飾されている。が、イマイチ洗練さに欠けるのが正直なところ。それとやや上ずる癖のあるシンガーの音痴加減&ジャーマン臭さをどう取るかで、印象は随分変ってくるな。イモ臭いドラムも気になる。あー、書き出したらいろいろ気になってきたなぁ。(苦笑)
でも重ね重ね言うけど、曲はイイデスよ。そう曲だけは。(汗)(99/03/31)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 77
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する