Impressions MENU

TRISTANIA / World of Glass (2001)

投稿日: 2001/10/20

ノルウェー産レリジャス・ダーク・ゴシック・メタルの 3rd アルバム。
美貌のロリ顔巨乳フィメールシンガー Vibeke Stene 嬢のエンジェル・ヴォイスを、宗教的なクワイヤとオーケストレーションで飾り立てた TRISTANIA 独特の壮麗で大仰な暗黒世界は相変わらずの冴えを見せているが、個人的な今回の目玉はゲストのヴァイオリン奏者 Pete Johansen! そう、THE SINS OF THY BELOVED でも弾いてる彼の変態激泣きヴァイオリンが存分に聴けるのだ! そこかしこでその音自身が悶絶にのたうつように鳴り響くその弦の響きが堪能できるだけで・・・・そう、それだけでもう充分デス。
とはいえ、そのヴァイオリン・パート抜きにしても、本作を聴いて得ることができるのは、1st "Widow's Weeds" を耳にした時の衝撃にも迫る快感。
モダンな仕掛けの導入も含めて、前作 "Beyond the Veil" で片鱗を見せていた明快さの導入も更に推し進められており、ゲストの TRAIL OF TEARS の男声シンガー Ronny Thorsen によるディープなデス・ヴォイスがヘヴィな暗黒リフと共に Vibeke Stene 嬢が醸し出す壊れそうなガラス細工の如きナイーヴさを感じさせる耽美なムードを一層引き立てるっつー好サポートのせいもあって、WITHIN TEMPTATION"Mother Earth" に到達した時のアノ「突破感」を思い出させるという快心の出来と言ってもいいかも。
後は個々の楽曲についてそれぞれテーマとなる部分を絞り込めていければ、相当なトコまで行きそうね。・・・ってそれが難しいんだけどさー。

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 89
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する