Impressions MENU

SIRENIA / At Sixes and Sevens (2002)

投稿日: 2002/06/20

この SIRENIA は、ノルウェイのシンフォ・ゴシック TRISTANIA を脱退した中心人物 Morten Veland (vo,g) による新バンド。
この衝撃のデビュー盤に封じ込められた、威厳に満ちた壮麗な混成クワイアとゴージャスなシンフォニーに包まれたヘヴィな重量感たっぷりのダイナミックなゴシック・メタルは、まさに TRISTANIA の進むべき理想形。宗教的荘厳さが強い現在の TRISTANIA に風格を損なうことなく現代ゴシック・メタルのリズミカルなとっ付き易さを加味した、マジで素晴らしい出来だわ。いやー、才能ある人はホントに才能あるんだな。(羨)
そんなハイ・クオリティな音像の中で、これまたゴシック・メタラー垂涎なのが、フレンチ女性シンガー Fabienne Gondamin 嬢の萌え萌え歌唱! この娘の声、もうなんつーかメッチャクチャ可愛いっぽいと思えば妙に大人っぽくもあり、マジ最高ッス! Morten 自らのデス・ヴォイスや2人の男声シンガーによるクリーン・ヴォーカル、そして混成合唱団との相性もよく、お互いのパートが歌うメロディを上手く引き立てあってるのが実にイイ感じなんだよなぁ。
そして絶対に忘れちゃいけないのが、本作にも参加している Pete Johansen (THE SINS OF THY BELOVED, THE SCARR) のウネウネな激泣きヴァイオリン! ここでは、いつもの奔放さは控えめに大枠ではたぶん Morten の指示によるフレーズに沿ってプレイしているんだろうけど、今回はそれがいい方向に転がっているような気がするな。
冒頭イキナリ度肝を抜かれる #1 "Meridian"、ドラマティックなテーマ・メロディが印象的な #4 "In a Manica"、キャッチーに哀愁ドライヴィンする #8 "A Shadow of Your Own Self"、感涙必至のバラード #9 "In Sumerian Haze" と楽曲も充実で、ホントこういうのに当たると嬉しくて仕方ないっすわ。
買ったのが偶然 Strictly Limited Metal Box ・・・つまり「限定缶ケース」だったのも何となくポイント高いやね。(^^)

  • いいね! (1)
  • よくないね! (0)
満足度 : 92
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する