Impressions

WESTWORLD / Cyberdreams (2002)

投稿日: 2002/10/20

TNTTony HarnellRIOTMark Reale を中心としたプロジェクト(ってゆーかもはやバンドって呼んでいいよな)の 3rd アルバム。
本作は、これまでの2作で聴けたダークさ/モダンさをやや後退させて彼らが内包してきたメロディがダイレクトに表に出してきた感のある、冷ややかに透き通った哀愁と暖かく広がる希望が交錯するメロディック・ハード・ロックの純粋な輝きに満ちた作風となっている。
Tony Harnell のクリアなハイ・トーン歌唱はホント魅力的で、曲のAメロ~Bメロで少々退屈を感じる場面がありながらも、サビではそれをしっかり挽回する悶絶なる破壊力を感じさせるのはさすが。
そして Mark Reale も、テクニカルな整合感という見地からは明らかに衰えが感じられながらも、そのエモーショナルな泣き系ギター・プレイの煽情力はやぱり超絶で、ギター・ソロの度に聴いているこちらの顔がついつい歪んじゃうもの。
毎作品ファンタスティックなバラードが収録されているが、本作にも #6 "Look to See" という逸品がしっかり収められているのが嬉しいねぇ。BLACK SABBATH のカヴァー #10 "Neon Knights" も意外な程に違和感なく溶け込んでいるし。
あ、あと、地味だけど John O. Reilly のドラムが何気に凄いんだよね。何の変哲もない刻みなのに、グイグイと引き込まれるそのビート感は驚異的だわ。

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 83
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する