Impressions MENU

TEN / Return to Evermore (2004)

投稿日: 2004/07/20

英国のハード・ロック・バンド TEN の 7th アルバム。

Gary Hughes (vo) の独特の落ち着いた歌唱で歌われる、多彩なドラマティックさを見せる楽曲群のソフト&マイルドな味わいは、これまでの延長線上としてまぁ安心して聴ける一枚ではある。

・・・んだけど、Chris Francis (g) のプレイが 前任の Vinny Burns と比べてかなりパンチ&エッジに欠けるのは少々困りモノ。リフがなーんかダラーっとしちゃってる感じだもんな。

今回も DOKKEN やら GARY MOORE やら BON JONI その他パクリ満載でソッチ方面でも楽しめるんだけど・・・メンバー&スタッフの中に誰か止める奴はいなかったのか?(笑)

今のとこ、メロウ&ポップな #5 "Temple of Love" が一番好きかな。
 (Jul. 08, 2004)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 77
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する