Impressions MENU

ARCH ENEMY / Stigmata (1998)

投稿日: 1998/03/20

泣きの叙情的ギターフレーズを散りばめた爆裂激走型テクニカルスラッシュ。(これは最早「デス」ではない)
「散りばめた」という部分がミソで、一般のメロディック・デス/ブラックで想像されるような、曲自体がメロディックなリフで構成されているわけではない。突進するブルータル極まりないパートに一転して欧州的憂いを携えたウェットな様式ギターパートが切り込んでくる様は ARCH ENEMY が発散する独特の快感だ。
主役は MichaelChristopherAmott 兄弟。両者とも Michael Schenker ~ Uli Jon Roth 系の、実に気持ちのよい音を紡ぎ出す。フレージング自体は他の優れたギタリスト達と比較しても突出はしていないが(勿論ハイ=レベルでの比較だが!)ことタッチ&フィーリングに関しては「完璧!」と思わず柏手を打ってしまう。その情感あふれるヴィヴラートと官能的な一音半チョーキングは聴く度に顔を歪めずにいられない。他のメンバーの演奏も非常に安定しているしプロダクションも良好なのもよい。

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 88
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する