Impressions MENU

URBAN TALE / Urban Tale (2001)

投稿日: 2001/07/20

Finland は Helsinki から飛び出た清涼 Hard Rock Band の Debut Album。
Ballad で時折 Steve Perry っぽさを垣間見せる Singer Kimmo Blom の声質や歌いまわしから、「薄味な JOURNEY」という感触も得ることができるが、この URBAN TALE が「超 HOUSE OF SHAKIRA タイプ」(笑)とか「超 HUGO タイプ」(さらに笑)かというとちょっと違うかな。
あえて言えば TERRA NOVA から Hard Rock の Edge が持つ灰汁を若干取り去り(ちょっと残してね)、産業 A.O.R. と北欧の透明感&清涼感をたっぷりと加味したような Sound。Riff が Drive したとしても決して Heavy にはならないやや淡白な味付けながら、まだまだ眩しくも涼しい風が徐々に心地よさを増してゆく夏の薄暮の微妙な情景のように感性の揺れを感じさせる陰陽揃い踏みの楽曲は、My 琴線にとってはなかなかに刺激的。
Guitar Player Erkka Korhonen の弾く北欧 Technician ならではの粒の揃った Play もいいね。それにしても最近の北欧系の Guitar Player って、A.O.R. 系の Band に在籍しているヤツでも平気でこーゆー Smooth な Neo=Classical Play を織り込んでくるね。まぁ先駆者であり革命者である大巨匠 Yngwie Malmsteen 先生が出現してそろそろ 20 年だで、北欧の若い Guitar Player にしてみれば Sweep とか Fast な Arpeggio ってもはや基礎テク中の基礎テクなんだろうな。。。。(遠い目)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 84
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する