Impressions MENU

EVEREVE / Regret (1999)

投稿日: 1999/10/20

昨年リリースされた 2nd アルバム "Stormbirds" のロマンティック哀愁叙情ゴシック・メタル・サウンドに猛烈にハマってしまった(94点!)となれば、イヤでもこの新作にも期待が高まるばかり。
買ってクレジットを見てまず驚いたのが、前任シンガー Tom Sedotschenko の自殺によるシンガーの交代。が、新任の Benjamin Richter はガナリから伸びやか名歌唱まで多彩にこなす功者で、まずは一安心・・・どころかカナリイイ感じ。うーん「災い転じて福と成す」ってところか。
そして肝心の楽曲は相変わらず。ザクザクのメタル・リフ&泣き泣きでシケシケのギター・フレーズ、多彩な音色で立体的に構築されたシンセサイザによるポップ(って言って良いほど大衆的な安心感に満ちた)な装飾が混ざり合い、全体でセンチメンタルな哀感を醸し出す、なんとも言い難い堪らない味わいだ。
今までに比べてシンセに因るデジ=ロックっぽい装飾が耳につくが、あくまで「装飾」で、EVEREVEのハイクオリティなサウンドにさらに超A級のゴージャス感を与える事に付与すれど、決してマイナス要因ではないので安心だ。
いやぁ~、良いバンドだよ、EVEREVE。ホンットに。

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 90
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する