Impressions MENU

BOB CATLEY / The Tower (1998)

投稿日: 1998/08/20

MAGNUM のシンガー Bob Catley 初の(?)ソロ。そんなに期待せずに買ったが、なんとこりゃ「超弩級名盤」として音楽史に永遠に語り継がれるに相応しい一枚なのではっ!?

オープニングの "Dreams" での DARE も真っ青の憂いに満ちたケルティック・フレーズが流れ出たとたんにもうメ~ロメロ。このまま雰囲気モノで行くのか(それはそれで好きな路線だからアリ)と思いきや、意外にもキャッチーな叙情ハードロック/ポップが満載で、その楽曲のどれもが喩えようもないもやっとした湿度の高い空気に包み込まれていてジャケットどおりまさに「曇天の英国田園」の趣がビンビンに伝わってくる。

そんな佳曲ぞろいの楽曲群の中でも Bob Catley の年輪を重ねたに相応しい、説得力ある暖かい歌声で綴られる壮大なる叙情絵巻 "Madrigal","The Tower" そして "Fear of the Dark" での哀歓に溢れた激情のドラマは言葉を失うほどに感動的。

この素晴らしい楽曲はすべて Gary Hughes(TEN) のペンによるもので、MAGNUM の大ファンであった彼が「Bob Catley かくあるべし!」と奮起した結果、本業以上に持てる力を出しきったのだろう。(←想像です ^_^;)相棒の Vinnie Burns もそれに呼応するように TEN でのどのプレイよりも素晴らしい仕事をしている。

すべてが終わり、アウトロである "Epilogue" が流れ出た瞬間、どっと溢れ出る崇高極まりない涙によって、すべての俗物は視界から消え去るでしょう。死ぬまで聴きつづける事決定。

  • いいね! (1)
  • よくないね! (0)
満足度 : 97
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する