Archve ArchveArchve Archve Archve

Monthly Archives: 1月 1999

loop loop loop loop loop

Theater of Salvation

前作 “Vain Glory Opera” は若きニューカマーとしては充分なクオリティを誇ってはいたものの、随所で目立っていた … Continue reading

Posted in E, Impressions | Leave a comment
loop loop loop loop loop

Invictus

VIRGIN STEELE といえばギタリスト Jack Starr を擁していた頃の名作 “Guardians of the Flame … Continue reading

Posted in Impressions, V | Leave a comment
loop loop loop loop loop

Till Fjalls

トラディショナル・フォーク=メタル・バンド OTYG のシンガー/ギタリストである Vintersorg のソロ・プロジェクト。 一部の曲のそのまた一 … Continue reading

Posted in Impressions, V | Leave a comment
loop loop loop loop loop

Waiting for the Sun

キャー! ジャー(失禁)モリモリ(脱糞) グレートアメリカン哀愁AOR ハードロック万歳! Mark Free (ex.KING KOBRA)が歌った … Continue reading

Posted in Impressions, U | Leave a comment
loop loop loop loop loop

On the Verge

デビューアルバム “Lint” 一枚で「スウェーデンの JOURNEY 」という誇るべき冠を手にした北欧メロディック・ハードの … Continue reading

Posted in H, Impressions | Leave a comment
loop loop loop loop loop

Oceanborn

凄いッ! 凄いッ! 凄いッ!・・・本当に凄いッッッ!! 何度聴き返しても「凄いッ!」という言葉しか出てこない。彼らはすべてのエレメントにおいて信じられ … Continue reading

Posted in Impressions, N | Leave a comment
loop loop loop loop loop

Malice in Wonderland

この RAVENTHRONE は PAZUZU の Ray Wells と ENGELMACHER の Armand Hortolomei によるプロ … Continue reading

Posted in Impressions, R | Leave a comment
loop loop loop loop loop

Disclosure in Red

男女シンガー、ツインギター、シンセ、そしてリズム隊という7人編成のゴシック=デス。まずはその編成とこの TRAIL OF TEARS ってイカニモなバ … Continue reading

Posted in Impressions, T | Leave a comment
loop loop loop loop loop

A Treatise on Love

米ミズーリ産のテクニカル・プログレッシヴ・ネオ=クラシカル・様式美・デス。 「凄い!!!!!凄すぎ!!!!!史上最強の超クラシカル様式美メロディック・ … Continue reading

Posted in Impressions, S | Leave a comment
loop loop loop loop loop

The Spear of the Lily is Aureoled

・・・変わったバンドだ。今までに体験したことのない雰囲気を持っている。この哀愁に満ちたサウンドを創り出したバンドがアメリカはカリフォルニア産だというギ … Continue reading

Posted in Impressions, S | Leave a comment
loop loop loop loop loop

Children of the Future

世に溢れる Michaell Bormann (JADED HEART)関連作品の中では、彼に初めて触れることとなった記念すべき作品、LETTERX … Continue reading

Posted in Impressions, S | Leave a comment
loop loop loop loop loop

Train of Events

80年代初期に活躍した(のか!?/笑)OVERDRIVE のメンバーで、「北欧ヘヴィ・メタル大辞典」の著者としても知られている Janne Stark … Continue reading

Posted in Impressions, L | Leave a comment
loop loop loop loop loop

Dance Across the Past

整合感に溢れたミディアムテンポの正統派メタルに覆い被さるメロディックなツイン・リードの美旋律。そして咆哮・・・。Fredrik Nordstrom プ … Continue reading

Posted in E, Impressions | Leave a comment
loop loop loop loop loop

Dangerous Nights

BONJOVI 初期の超名曲 “Runaway” のクレジットにソングライターとしてその名を刻む George Karak(ギ … Continue reading

Posted in I, Impressions | Leave a comment
loop loop loop loop loop

Caravan Beyond Redemption

CATHEDRAL って、似たように感じてしまう曲が異様に多くて、過去の多くのシャッフルの曲などは、正直言って私にはどの曲も同じに聴こえたりしてしまう … Continue reading

Posted in C, Impressions | Leave a comment
loop loop loop loop loop

Themes from William Blake’s the Marriage of Heaven and Hell

ULVER ってブラック・メタルじゃなかったっけ? アルバム丸ごとは聴いたことないけど、所々のアコギがちょいとトラッド風味でなんとなく好印象があった。 … Continue reading

Posted in Impressions, U | Leave a comment
loop loop loop loop loop

Deadly Fairytales

フィンランド産メロディック・デス。「指輪モノ」かッ?と思わず身を乗り出す GANDALF ってバンド名とアルバムタイトルの “Deadly … Continue reading

Posted in G, Impressions | Leave a comment
loop loop loop loop loop

Sahara

以前からイスラエル産の変わり種デスとしてその名は知っていたものの、これまで未聴だったこの ORPHANED LAND。先月買った HOLY RECOR … Continue reading

Posted in Impressions, O | Leave a comment