Impressions MENU

CHALICE / An Illusion to the Temporary Real (2001)

投稿日: 2002/02/20

オーストラリア産という、南半球に生息する数少ないフィメール・ゴシック・メタル・バンド CHALICE が生きていた。
2nd アルバムとなる本作では、前作のメンバー・ショットではパンク風退廃ファッションだったキュートなロリシンガー(兼 Key)の Shiralee 嬢の装いが未だちょいボンデージ風味ながらややシックで女性的なものに変貌し、それとともにもう一人の女性メンバーであるフルート奏者 Alana 嬢のアダルトな美貌にもスポットを当てるという嬉しい作戦を遂行している。
あ、音の方は(苦笑)、Shiralee 嬢のやや気だるげな中音域から天空ソプラノまで幅広くカヴァーする未完成ながら魅力的な可憐なる歌唱が映える前作同様の北欧系美旋律ゴシックで、Alana 嬢がの吹くリード・フルートとネオ=クラシカル風味の豊潤な美旋律ギター・ワークの絡みが醸し出す優雅な泣き風味の発散センスには唸らされるばかり。「暗黒系」ならではのダークな雰囲気も良いしね。
ただ楽曲的には、メロディ/アレンジに前作ほどの閃きが感じられないのが正直なところかな。楽曲の重みを削ぐチープなドラムの音色も非常に残念。
それでも彼らの作る音楽の雰囲気はなかなかツボなお気に入り加減なので、もし生き残って次作も出せたら、またまた期待に胸を膨らませつつ買うっスよ!

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 79
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する