Impressions MENU

ETERNAL FLAME / Desire (1998)

投稿日: 1998/12/20

ETERNAL FLAME は、Michael Schinkel なるドイツ産ネオ=クラシカル・ギタリストのソロ・プロジェクト的な色合いを感じさせるバンドだ。
一曲目のツーバスドコドコ疾走チューンのソコソコの出来に「あぁ、なるほどね」と妙に悟ってしまってはいけません。何と2曲目以降は、どっからどう聴いても日本人好みの「美旋律ヨーロピアン哀愁ハード・ロック」がテンコ盛りなのだ。
キャッチーでかつ類型的ではないポップセンスに満ちた哀愁のメロディと、センス良いキーボードの装飾に彩られた各曲の出来は相当なもので、「ある重大な問題」さえ少し・・・ホンの少ぉ~しだけでいいからなんとかしていてくれたら、もしかしたら 90 点以上が可能だったのでは!?・・・とさえ思わせるほど
その「重大な問題」とは・・・キーワードは、Lars Eric Mattsson, Axel Rudi Pell, Joshua Perahia ・・・もうオワカリですね。(爆笑&号泣) そう、「早弾きギターが超ド下手&ワンパターン」なんですぅ・・・(^o^;)
スロー・パートや曲内のアレンジでのフレーズのセンスは決して悪くはないし(むしろイイ感じ)、自身の唄だって Michael Flexig (ZENO) を彷彿させつつ更にブルージーなマインドをも加味した優れたものだけに、なんとも残念無念。。。
でも曲はイイっすよ。マジで。

# CD EXTRA 仕様なので、PC に挿入するとヘッポコな紹介ディレクター・クリップが楽しめ(?/苦笑)ます。

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 84
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する