Impressions MENU

Artist Name - J (139 Albums)

 
JIMI JAMISON'S SURVIVOR
Empires (1999)

複雑な政治的背景からか、名義こそ JIMI JAMISON’S SURVIVOR と濁しているが、このアメリカン都会派 AOR/HR の威 … Continue reading


JOANNA NEWSOM
Ys (2006)

米カリフォルニア州ネヴァダ・シティの女性シンガー/ソングライター Joanna Newsom の2ndアルバム。 グランド・ハープの弾き語りというユニ … Continue reading


JOE LYNN TURNER
Holyman (2000)

Akira Kajiyama ! Akira Kajiyama ! Akira Kajiyama ! いや~、参りました。凄いわ、この人。 吸収した … Continue reading


JOE LYNN TURNER
Slam (2001)

Akira kajiyama がプレイ/作曲ともに前面参加っつーことで、オレ的には勝手に後期 RAINBOW 風味を期待していたんだけど、蓋を開けてみ … Continue reading


JOE LYNN TURNER
The Usual Suspects (2005)

オレ的に Joe Lynn Turner のソロ作品って、新作がリリースされる度にこの身に染み付いた“RAINBOW 原理主義体質”が疼きながらも、彼 … Continue reading


JOE LYNN TURNER
Hurry Up and Wait (1998)

Joe Lynn Turner にとって本当に久々のオリジナル「HR」アルバムとなるこの作品は、彼の歌声が存分に楽しめるものに仕上がっている。 YNG … Continue reading


JOE LYNN TURNER
The Best of Joe Lynn Turner (1983)

ファンダンゴ時代のベスト盤。


JOE LYNN TURNER
Rescue You (1985)

彼が後期レインボウのメロディの鍵を握っていたとわかる。憂いに満ちたHR。


JOE SATRIANI
Surfing With the Alien (1987)

うまい、はやい、エモーショナル。けれど退屈に感じてしまうのは曲のせい?


JOE SATRIANI
Flying in a Blue Dream (1989)

他のギタリストたちとの格の違いは歴然だが幅が広過ぎて聞き過ごしてしまう。


JOE STUMP
Guitar Dominance (1993)

クラシカルな早弾きギターインスト。曲がイマイチ。


JOEL HOEKSTRA'S 13
Dying to Live (2015)

現 WHITESNAKE のメンバーで、ミュージカル Rock of Ages、そして TRANS SIBERIAN ORCHESTRA, NIGHT … Continue reading


JOEY TAFOLLA
…Out of the Sun (1987)

マカパインの弟子。エモーショナルではないが、クラシカルな曲は一級品。


JOEY TAFOLLA
Infra-Blue (1991)

前作の面影ゼロ。ハードフュージョンになっちゃった。


JOEY TEMPEST
Joey Tempest (2003)

Joey Tempest が5年振りにリリースした3枚目のソロ・アルバム。 彼のソロ作はこれまでの2作が共にイマイチ響いて来なかったんで、この新作も少 … Continue reading


JOEY TEMPEST
A Place to Call Home (1995)

後期EOROPEの明るい部分をさらに軽く聞かせるアコースティカルな一枚。ウーン...


JOHANSSON
The Last Viking (1999)

いかにも「ササッと手早く仕上げました」的な、好く言えば「大胆でシンプル」、悪く言えば「詰めの甘い大味且つ簡素な」アレンジに少なからぬ不満を感じつつも、 … Continue reading


JOHANSSON
Sonic Winter (1996)

イングヴェイ参加のインストがスザマジイ。イェンスの本領発揮!


JOHN ARCH
Twist of Fate (2003)

FATES WARNING の 2nd “Spectre Within”, 3rd “Awaken the Gua … Continue reading


JOHN HAHN
Out of the Shadows (1992)

トニ・マカの路線っぽいが、ちょっと楽曲が弱い。


JOHN MACALUSO & UNION RADIO
The Radio Waves Goodbye (2007)

技巧派ドラマー John Macaluso のソロ・プロジェクト JOHN MACALUSO & UNION RADIO の1stアルバム。 … Continue reading


JOHN NORUM
Slipped into Tomorrow (1999)

ううむ、、、もろブルーズベースではないにしろ、燻し銀のヘヴィ・ロックで北欧臭は皆無。ギタープレイ自体は熱さムンムンのペンタトニック弾きまくりで、プレイ … Continue reading


JOHN NORUM
Total Control (1987)

気合いの入ったメロディアスHR。G.エドマンとの相性も良い。


JOHN NORUM
Live in Stockholm (1990)

ライヴだとついついワイルドになってしまうジョン・ノーラム。


JOHN NORUM
Face the Truth (1992)

なんといってもグレンヒューズがいい!泣きまくるギターも流石。


JOHN NORUM
Worlds Away (1996)

期待外れ。骨太でガッツィーな音だが、誰もそんなん望んで無いって。


JOHN PETRUCCI & JORDAN RUDESS
An Evening with John Petrucci & Jordan Rudess (2001)

ご存知 DREAM THEATER のテクニシャン・コンビによる、パーソナルなライヴの様子を収めたライヴ盤。 途中それぞれ適宜エレクトリック楽器に持ち … Continue reading


JOHN WEST
Earthmaker (2002)

ROYAL HUNT, ARTENSION の超絶シンガー John West 3枚目のソロ・アルバム。 アート・ワークそして「Shenandoah」 … Continue reading


JOHN WEST
Permanent Mark (1998)

しっかし、本当に存在感のあるシンガーだわ。一瞬聴いただけで声の主が解るという事実はあまりにも強いッス。 前作 “Mind Journey& … Continue reading


JOHN WEST
Mind Journey (1997)

クラシカルなHMに暑苦しい歌声がいい。


JOHN WETTON
Welcome to Heaven (2000)

ASIA の遺した名盤 “Astra” の作風を想わせる、コンパクトで溌剌とした哀愁 HR の佳曲を満載した好盤! その声質自 … Continue reading


JOHN WETTON
Rock of Faith (2003)

“Voice Mail”, “Arkangel”, “Welcome to Heaven& … Continue reading


JOHN WETTON
Nomansland (1999)

今までの代表作からの絶妙な選曲っつーのに加え、パフォーマンスも非常にイイ感じのテイクが収録されていて、ホントにベスト盤聴く感覚で末永く楽しめそうなライ … Continue reading


JOHN WETTON
Voice Mail (1994)

ソロ名義だが、これこそがエイジア。スリリングだが心暖まる一枚。


JOHN WETTON
Chasing the Dragon (1995)

ASIA、UK、そしてソロと、ドラマティックな名曲の数々を楽しめる好ライブ。


JOHNNY CRASH
Neighbourhood Threat (1990)

元トーキョー・ブレード。全然違うハードR&Rをやってるけど。


JON ANDERSON
Olias of Sunhillow (1976)

やさしく暖かい感じのソフト・プログレ。美しいが、淡々とし過ぎかも。


JON BON JOVI
Blaze of Glory (1990)

映画ヤングガンそのままの世界。印象的な各曲のクオリティーは高い。


JONAS HANSSON
Valhallarama (2006)

北欧クラシカル・メタルの始祖 SILVER MOUNTAIN の中心人物として歴史にその名を刻む Jonas Hansson (vo,g and al … Continue reading


JONAS HANSSON BAND
The Rocks (1999)

前2作よりはヨーロピアンな哀愁が感じられて好みに近い感じ。 ただなぁ、JONAS HANSSON の作品すべてに言える事なんだけど、どうにも拭いようの … Continue reading


JONAS HANSSON BAND
No.1 (1994)

元シルヴァーマウンテンのG! 以前よりラフ&ワイルドな作風ながらも美旋律は健在。


JOOP WOLTERS
Out of Order (2007)

オランダのプログレッシヴ・メタル・バンド ARABESQUE のギタリスト Joop Wolters の1stソロ・アルバム。 ハード・フュージョン・ … Continue reading


JORN
Starfire (2000)

元 VAGABOND ~ THE SNAKES、そして現 MILLENIUM(!)の Jorn Lande のソロ。 名曲群のカヴァーをちりばめた、極 … Continue reading


JORN
Unlocking the Past (2007)

ノルウェー人超絶シンガー Jorn Lande の MASTERPLAN 離脱後のファースト・アクションとなるカヴァー・アルバム。(同時にベスト盤もリ … Continue reading


JORN
Worldchanger (2001)

ノルウェーが生んだ新たな歌神 Jorn Lande の 2nd ソロ・アルバム。 1st ソロ “Starfire” がカヴァ … Continue reading


JORN
Out to Every Nation (2004)

歌鬼 Jorn Lande の3枚目のソロ・アルバム。 ブルージーな叙情をパワフルにゴリ押しする Jorn 自身の強烈極まりない歌唱は、相変わらず溜息 … Continue reading


JORN
The Duke (2006)

このところはスカーリ「MASTERPLAN のシンガー」として定着した感のあるノルウェーが誇る超人シンガー Jorn Lande のソロ・プロジェクト … Continue reading


JORN
Lonely are the Brave (2008)

ノルウェーが誇るメタル界最高峰シンガー J?rn Lande の5枚目のオリジナル・スタジオ・アルバム。 自身の剛健なブルーズ・シンギングを生かしたス … Continue reading


JORN
Spirit Black (2009)

ノルウェーの絶唱男爵 Jorn Lande の6thソロ。 今回は80年代に書かれたアイデアを基に楽曲を構築・・・とのことだけど、ややストレートな王道 … Continue reading


JORN
Live in Black (2011)

2010年6月10日に行われたSweden Rock Festivalでのショウを収録した2CD+DVDの実況盤。 あらためてその圧倒的な歌唱に聞き惚 … Continue reading

139件 / 全3ページ (1ページあたり最大100件)
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
アーティスト名で検索する
本文の語句で検索する
Pick Up Impression
(過去記事からランダム表示)